免許合宿はレジャースポットに注目して選ぶのもアリ

免許合宿の本来の目的は運転免許の取得であり、それに伴う「実技試験免除資格を得る」というものです。通常教習所を利用し、定められたカリキュラムを修了することが出来れば「本試験における実技試験を免除する資格」が獲得できます。
厚生省認定の養成施設を卒業した場合にのみ得られる特典で、それを目的に自動車教習所が利用されるわけですが、これと同等の結果を免許合宿でも得ることが出来ます。更には格安料金かつ短期間で終了できると言うメリットもあるので人気が高い訳です。
とは言え、必ずしもそれだけの目的で利用しなければいけないと言う訳では無く、「観光を楽しむ」と言った目的で免許合宿に参加しても良いでしょう。むしろ、最近では付帯特典とでもいうべき部分で選ばれることが非常に多くなっています。

「開催場所」で合宿免許を選ぶ方法

合宿免許が開催されるのは過疎地域が多かったのですが、現在では人気観光地でも開催されることが増えてきています。元々の合宿免許の目的は「過疎地域にある自動車教習所の経営再建」などでしたが、今や一種の地域振興としても活用されることが増えてきています。
その為、開催場所は過疎地域に限らず北海道・沖縄などの有名観光地ということも多く、「免許教習を受けながら観光も楽しめる」と言ったメリットが出てきています。
北海道で開催される合宿免許に参加すれば「美味しい食材を堪能できる」と言ったメリットがあり、沖縄で開催されるものには「マリンスポーツを楽しむことが出来る」と言ったメリットがあります。また、「地域の魅力を発見できる」と言ったメリットがあるので、これを理由に選ぶ方法も有効です。

「施設」で合宿免許を選ぶことも出来る

海や山、川と言ったスポットは確かに魅力的ですが、必ずしもそれだけが合宿免許の魅力ではありません。各種レジャースポットを楽しめるプランに参加するのは良いとしても、それに加えて「温泉に入れるかどうか」や「名産品を食せるかどうか」と言ったことも踏まえて決めると良いでしょう。
自然をベースにしたレジャースポット、人工的なレジャースポットなどを選択する楽しみがあることも合宿免許の魅力と言えますが、必ずしも有名なスポットがあることが条件とはなりません。例えば、「以前から訪れてみたいと思っていた地域」で開催されるものを優先したり、ドラマや映画・漫画などに由来する地域で開催される合宿免許に参加する「聖地巡礼」の様な目的を持っても良いでしょう。
様々な選択肢があると言う点も合宿免許の魅力と言えます。